その他の執筆活動(掲載紙誌別)

1 「新かながわ」(新かながわ社)掲載

     1995年12月10日付・第1436号・新かながわ創刊30年戦後50年特別企画「かながわの戦争メモリアル」(第72号) 「ある兵士の戦没墓碑(厚木)―上海・南京虐殺そして戦死・遺品が語る戦いの肉声―」

     1996年4月7日付・第1449号「かながわの戦争メモリアル」(第85号)「平塚海軍火薬廠―一枚の写真も残さぬ軍機密・平塚を軍都にした火薬工場―」

     1996年4月14日付・第1450号「かながわの戦争メモリアル」(86号)「平塚海軍火薬廠―火薬製造のメッカをたたき・アメリカ軍の上陸作戦を準備」

 

2 『かたりべ』(かたりべ社発行)掲載

     1996年5月・『かたりべ』第43号「『或る戦いの軌跡』出版とその後」

     1999年5月・『かたりべ』第48号「兵士からの手紙―軍事郵便が伝える日中戦争」

     1999年11月・『かたりべ』第49号「ホロコースト記念館と大塚信さんのこと―犠牲となった子どもたちへ」

     2000年10月・『かたりべ』第51号「哲学への旅―ヘーゲル『精神現象学』より―」

 

3 『県央史談』(県央史談会刊)掲載

     1997年1月・『県央史談』第36号「戸田村領主変遷によせて」

     1998年1月・『県央史談』第37号「資料紹介・旗本牧氏とその子孫―『牧氏系譜』について」

     1999年1月・『県央史談』第38号「『小宮日誌』にみる加藤家の人びと・特に加藤芳松について(上)」

     2000年1月・『県央史談』第39号「戸田歴史散歩@」

     2001年1月・『県央史談』第40号「戸田歴史散歩A」

     2003年1月・『県央史談』第42号「戸田歴史散歩B」

     2004年1月・『県央史談』第43号「戸田歴史散歩C」

     2006年1月・『県央史談』第45号「戸田歴史散歩D」

     2011年1月・『県央史談』第50号「兵士からの手紙―日中戦争軍事郵便―」

     2016年1月・『県央史談』第55号「『小宮日誌』に見る加藤家の人びと(下)」

     2018年1月・『県央史談』第57号「鈴木房五郎の生涯とその人物像〜大磯町寺坂の墓碑(碑文)から」

     2019年1月・『県央史談』第58号「猪俣弥八、その知られざる生涯」

     2020年1月・『県央史談』第59号「猪俣弥八、その追悼集『落葉』にみる人物群像・覚書」

     2023年1月・廣田善朗の生涯〜時代区分〜

     2024年1月・この地から海を渡った明治の民権派青年たち

 

4 「よこはま文化」(横浜文化団体連絡会議発行)掲載

○ 1997年11月1日付「よこはま文化」第145号・「ふるさと神奈川・わが魂の故郷−戸田−」

     1998年9月15付「よこはま文化」第155号・「新刊紹介『山口左七郎と湘南社』第一級の民権資料・民権結社の実像を追跡」

     1999年4月15日付「よこはま文化」第162号・「ギリシャへの旅・その印象記@」

     1999年5月15日付「よこはま文化」第163号・「ギリシャへの旅・その印象記A」

     1999年6月15日付「よこはま文化」第164号・「ギリシャへの旅・その印象記B」

     1999年7月15日付「よこはま文化」第165号・「ギリシャへの旅・その印象記C」

     1999年8月15日付「よこはま文化」第166号・「ギリシャへの旅・その印象記D」

     2002年7月20日付「よこはま文化」第187号・「中国への旅@一兵士の手紙を追って」

     2002年10月20日付「よこはま文化」第188号・「中国への旅A一兵士の手紙を追って」

     2003年5月15日付「よこはま文化」第189号・「中国への旅B一兵士の手紙を追って」

     2003年8月15日付「よこはま文化」第190号・「中国への旅C一兵士の手紙を追って」

 

5 『本の風景』(発行・自費出版ネットワーク 編集・「本の風景」編集部)掲載

     2000年・Vol・2・春号「小特集・戦争体験・戦中体験」『ある戦いの軌跡―手紙に記された南京大虐殺―』

     2000年・Vol・4・秋号「小特集・日本の祭り」『ふるさとの鎮守の祭り―中郡相川村旧村―』

 

6 『唯物論』(東京唯物論研究会機関誌)掲載

     2005年12月 『唯物論』第79号・コラム「私と憲法九条」

     2006年12月 『唯物論』第80号・研究短信「自由民権百年から百二十年へ、そこで何が変わったか」

     2008年12月 『唯物論』第82号・投稿論文「大逆事件刑死後百年と内山愚童―愚童の思想の特質とは何か―」

     2010年11月 『唯物論』第84号・書評「吉田傑俊著『福沢諭吉と中江兆民 近代化と民主化の思想』(大月書店刊)

     2011年11月 『唯物論』第85号・エッセイ「三・一一大震災と福島第一原発事故に思う」

 

7 『燈をともせ』(東京唯物論研究会・会報)掲載

     2004年5月 創刊号 ある戦いの軌跡―手紙に記された南京大虐殺

     2006年2月 第4号 〔会員便り〕2005年・近況報告

     2009年5月 第9号 新ホロコースト記念館を訪ねて

     2009年10月 第10号 内山愚童と幸徳秋水の天皇観―『唯物論』第82号合評会に寄せてー

     2010年10月 第12号 大逆事件百年に思う 

     2013年10月 第17号 アジア・太平洋戦争の戦争責任・植民地(支配)責任、そして戦後責任を問う二つの報告を聞いて  

     2014年10月 第19号  【研究短信】兵士論によせて  

     2015年6月  第20号 【燈をともせ】県央民権家群像と婦人結社 

     2017年11月 第20号 知られざる福井準造〜没後80年を記念して 

     2018年11月 第27号 【燈をともせ】東京唯物論研究会 会報 近現代史を《憲法観点》から問う 〜「湘南社」の憲法論議〜

 

8 初期社会主義研究

     2011年10月 第23号 大逆事件後百年・刑死後百年に思う―二〇一〇年から二〇一一年へ

     2016年6月  第26号 近代女性の原像・岸田俊子と女性運動の継手・福田英子

     2021年3月  『幸徳秋水全集』の傍らにこの本を〜木原恵美子著『幸徳秋水の最初の妻 ルイの生涯』について〜

 

9 障害者福祉関係

     2000年7月 「援助また支援とは何か?を考える―グループホームひまわりの実践から」(関東甲信越ブロック福祉研究大会事例報告原稿)

     2001年5月 『社会福祉法人同愛会グループホームひまわり記録集』

     2002年4月 『社会福祉法人同愛会グループホームひまわり事例集@』

     2003年1月 社会福祉法人同愛会10周年企画・てらん広場及び関連施設実践報告会・第3分科会「知的障害をもつ人とアデイクション」事例報告・「嗜癖としての性依存を問う」(資料集)

     2003年3月 『ひまわり事例集A 事例研究;個の関係性とは何か―治癒と回復への核概念の解析―』(社会福祉法人同愛会)

 

10 連載(分担執筆)

     2017年1月〜 市民かわら版「証の墓標〜厚木・愛甲にみる戦争」 A「欺瞞の上に作られた戦時体制〜祝出征とは?」(第855号) E「南京虐殺を伝える軍事郵便〜加害の記録」(第859号)